令和6年度の新型コロナワクチン接種について

公開日 2024年06月20日

 新型コロナワクチンの全額公費による接種は、初回接種、追加接種ともに令和6年3月31日で終了しました。

 令和6年4月1日以降の新型コロナワクチン接種は、予防接種法上の特例臨時接種から、高齢者等に実施している季節性インフルエンザと同様のB類疾病の「定期接種」に位置づけられ、新型コロナの重症化予防を目的として、秋冬に実施される予定です。費用は原則として「自己負担あり」となります。

 また、「定期接種」の対象者以外の方で新型コロナワクチンの接種を希望する場合は、「任意接種」での接種が可能です。

 吉野川市における令和6年4月1日以降の新型コロナワクチン接種の予定については以下のとおりです。

 ※更新日時点の情報であり、国の方針により変更となる場合があります。詳細が決定し次第、改めてホームページ、広報等でお知らせいたします。

 

定期接種について

接種対象者

①65歳以上の方

②60~65歳の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方

接種期間

秋冬に実施予定(詳細時期は未定)

接種回数

年1回

接種費用

自己負担あり(定期接種対象者には費用の一部を助成する予定)

予約方法

医療機関に直接予約

接種券

発行なし(これまでに市から送付済みの接種券は使用不可)

使用するワクチン

未定(現在主流のウイルスやワクチンの有効性に関する科学的知見を踏まえて、ワクチンのウイルス株を毎年選択)

任意接種について

 定期接種の対象者以外の方や、定期接種の対象であっても定期接種期間以外での接種を希望する場合は、任意接種として、全額自己負担で接種が可能です。

 接種時期、接種費用等は医療機関によって異なりますので、接種に関する詳細は医療機関にお問い合わせください。

健康被害救済制度について

定期接種における健康被害救済制度(市町村に請求)

 予防接種法に基づく定期接種による健康被害であると厚生労働大臣が認定した場合、B類疾病の給付基準により市町村から給付が行われます。

 詳細については、接種を受けたときに住民票があった市町村にお問い合わせください。

※令和6年3月31日までの特例臨時接種による健康被害は、臨時接種及びA類疾病の定期接種の給付基準となります。

任意接種における健康被害救済制度(独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に請求)

 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の医薬品副作用被害救済制度の対象となる可能性があります。

 詳細については、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に直接お問い合わせください。

医薬品副作用被害救済制度について[PDF:1.12MB]

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課
TEL:0883-22-2268
FAX:0883-22-2245

PDFの閲覧にはAdobe社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの先頭へ戻る