行政手続における押印の廃止について

公開日 2022年04月01日

 市民や事業所のみなさまの負担軽減や利便性の向上を図るため、申請書等の書類への押印を廃止する取組を全庁的に進めています。

 

既に押印を廃止している約470件の手続に加え、令和4年4月1日より新たに約1,320件の手続において、押印が不要となります。

押印を廃止した手続の一覧(内部手続約280件を除く)については、添付ファイルをご確認ください。 

 

押印の廃止に伴い、本人確認書類の提示・提出などが必要となる場合がありますので、各手続の担当課にご確認ください。

 

押印を継続することとした手続についても、今後、継続的に見直しを進めてまいります。

 

押印を廃止した手続一覧(R4.4.1現在)[PDF:410KB]

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

総務部 総務課
TEL:0883-22-2231
FAX:0883-22-2244

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード