吉野川市木造住宅耐震化促進事業

公開日 2021年05月06日

近い将来に発生が予想されている「南海トラフ巨大地震」や、活断層を震源とする「直下型地震」による建物の倒壊から命を守るため、吉野川市では木造住宅の耐震化をすすめています。

 

耐震診断支援事業

まずは、大規模な地震に対して、どの程度の安全性があるかと判定してみましょう


 【 要   件 】

  ・木造(在来軸組構法、伝統構法、枠組壁工法)

  ・平成12年5月31日以前に着工

  ・3階建て以下

  ・住宅(併用住宅、共同住宅、長屋、借家、空き家)

 

 【 費  用 】

  ・無 料

 

 【 募集戸数 】

  ・50戸程度

 

耐震補強計画支援事業

改修工事の参考となる補強計画と概算費用を出してみましょう


 【 要   件 】

  ・耐震診断で評点1.0未満と判定

  ※耐震シェルター設置や住替えを予定している方はお申込みできません

 

 【 費  用 】

  ・無 料

 

 【 募集戸数 】

  ・10戸程度

 

耐震改修支援事業

本格的に補強をして、地震に備えましょう


 【 要   件 】

  ・耐震診断で評点1.0未満と判定

  ・改修後の評点を1・0以上とする

  ・高さ1.5m以上の家具の固定

  ・県登録の施工者等が施工

  ・のぼり旗設置や見学会等の協力

  ・分電盤タイプの感震ブレーカーの設置

 

 【 補助金額 】

  ・最大120万円かつ補助対象工事費の2/3

  (補助対象工事180万円以上で、最大の120万円が補助されます。)

 

 【 募集戸数 】

  ・10戸程度

 

耐震シェルター設置支援事業

居間や寝室を安全な部屋にしましょう


 【 要   件 】

  ・耐震診断で評点1.0未満と判定

  ・現在居住している

  ・耐震シェルターまたは耐震ベッドの設置

  ・高さ1.5m以上の家具の固定

  ・県登録の施工者等が施工

  ・啓発モニターとして協力(シェルターの場合)

 

 【 補助金額 】

  耐震シェルターの場合

  ・最大80万円かつ補助対象工事費の4/5

  (補助対象工事100万円以上で、最大の80万円が補助されます。)

  耐震ベッドの場合

  ・最大40万円かつ補助対象工事費の4/5

  (補助対象工事50万円以上で、最大の40万円が補助されます。)

 

 【 募集戸数 】

  ・2戸程度

 

住まいのスマート化支援事業

耐震工事と併せて最先端の設備を導入しましょう


 【 要   件 】

   ・耐震改修支援事業または耐震シェルター設置支援事業と併せて行う

   ・ICTやAIを活用した設備を設置するスマート化工事

   ※省エネルギー化工事、バリアフリー化工事等も補助対象にできますが、スマート化工事を1つは導入してください

 

 【 補助金額 】

  ・最大30万円かつ補助対象工事費の2/3

  (補助対象工事45万円以上で、最大の30万円が補助されます。)

 

 【 募集戸数 】

  ・5戸程度


 

 

期 間

 

 令和3年5月上旬から事業開始

 原則、令和4年3月15日(火)までに事業が完了するもの

 

 ※募集枠が空いているか事前にお問い合わせください

 

提出書類(令和3年度版)

 

 ・木造耐震様式_R3申請者用[DOC:164KB]   木造耐震様式R3申請者用[PDF:5.79MB]

 ・各種確認書(R3改訂版)[DOC:129KB]                 各種確認書[PDF:2.94MB]

 


 

 【 耐震診断 】

  ・木造住宅耐震診断申込書(様式第1号)

  ・住宅の付近見取り図

  ・住宅の外観写真2枚(別方向から2枚撮影)

  ・所有者及び建築時期が分かる書類

  ・居住者の同意書(貸家の場合)

 

 【 補強計画 】

  ・木造住宅補強計画申込書(様式第2号)

  ・耐震診断報告書の写し

  ・所有者及び建築時期が分かる書類

  ・居住者の同意書(貸家の場合)

 

 【 耐震改修、耐震シェルター等 】

  ・耐震改修・耐震シェルター事業の流れ (R3年度分)[PDF:46.5KB]

 


 

  ※「耐震診断員」「耐震改修施工者等」については、下記のページに一覧が掲載されています

   https://www.pref.tokushima.lg.jp/taishinka/jigyousya/index11/

 

問い合わせ先

 

 吉野川市役所 建築営繕室

  TEL:0883-22-2224  FAX:0883-22-2246

関連ワード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード