契約保証金の現金での納付について

公開日 2015年04月01日

契約保証金の現金での納付について

 

 吉野川市では、契約する建設工事及び委託業務の当初設計金額が500万円以上の場合、吉野川市財務規則第120条第1項及び第2項において、契約保証金を現金又は現金に替わる担保によって納めさせなければならないとなっています。

 契約保証金を必要とする契約において、現金で契約保証金を納付する場合は、次のことにご注意ください。

 

 

契約前 (契約保証金の納付)

 

1.契約保証金を現金で納付する旨を契約担当課へ申し出る。

 

2.担当課より3枚綴り(「領収済通知書」「納入通知書」「納入通知書兼領収書」)の納付用用紙を受け取り、指定の納付場所にて契約保証金を納付する。

 

3.「納入通知書兼領収書」が返却されるので、写しを作成する(コピー)。

 

4. 3.で作成した「納入通知書兼領収書(写)」を、「契約保証金納付通知書」に貼り付け、割印をする。 → 契約保証金納付通知書.xls(38.0KBytes)

 

5. 4.で作成した「契約保証金納付通知書」を契約担当課に提出し、「納入通知書兼領収書(原本)」は自己管理にて保存する。

 

 

 

 

工事(業務)完了後 (契約保証金の還付請求)

「契約保証金還付請求書」を作成し、事業担当課へ提出する。 → 契約保証金還付請求書.doc(56.2KBytes)

関連ワード

お問い合わせ

建設部 監理課
TEL:0883-22-2252
FAX:0883-22-2239