「雑紙(ざつがみ)」は「雑誌の日」に出してください。(指定袋に入れる必要はありません。)

公開日 2010年12月10日

市では、資源として再利用するため、「雑紙」の分別回収を進めています。
お菓子の箱、包装紙、パンフレットやテッシュペーパーの箱などの「雑紙」を、ごみ箱に入れて「燃やせるごみ」として出していませんか?

「雑紙」は、紙袋などに入れて、雑誌の回収日に出しましょう。

※資源として活用が出来、お金になる「雑紙」を高いお金をかけて燃やさないように、市民一丸となって取り組みましょう。

市民の合い言葉

「雑紙」は、雑誌の日、袋いらん、得する。

※「雑紙」は指定袋に入れて出す必要はありません。
市民の皆さんも、指定袋代金の節約になり得をします。
市民みんなで取り組みましょう。!

 

得する「雑紙」パンフレットです。(1.98MBytes)

下の写真は、雑紙の出し方例です。(雑紙は雑誌の日に出す)
雑紙は雑誌の日「出し方例」

お問い合わせ

市民部 環境企画課
TEL:0883-22-2230
FAX:0883-22-2247

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード