住民基本台帳カード交付申請について

公開日 2015年04月10日

住民基本台帳ネットワークシステム第2次サービスの1つとして、2003年(平成15年)8月25日から、希望する方に対して市町村から住民基本台帳カードを交付します。
住民基本台帳カードは氏名のみが印字されたAバージョンと写真と氏名・生年月日・性別・住所を印字したBバージョンがあり、希望のカードを選択することができます。
顔写真入りをご希望の場合は縦4.5cm、横3.5cmの6カ月以内に写した無帽・無背景の写真をお持ちしていただきます。Bバージョンは、公的な身分証明として利用できます。

 

【注意】

平成28年1月からは社会保障・税番号(マイナンバー)制度導入に伴い『個人番号カード』の交付が始まるため、 「住民基本台帳カード」の発行は平成27年12月で終了となります。

住民基本台帳カードは、平成28年以降もカードに記載されている有効期限まで(発行から10年間)有効ですが、『個人番号カード』の発行を受けた場合は失効します。

 

申請締切

  ●顔写真付き本人確認書類をお持ちの方      平成27年11月30日(月)まで 

●顔写真付き本人確認書類をお持ちでない方    平成27年11月20日(金)まで

 

申請窓口

市役所市民課、または各支所で、原則本人が申請してください。(ただし、受取は市役所市民課のみになります。
15歳未満の方や、やむを得ない理由により窓口に来られない場合は代理人による申請もできます。くわしくは事前にお問い合わせください。

カードの交付

即日交付は行っておりません。そのため、申請から交付まで数日(2~3週間)を要しますので、日数に余裕を持って申請してください。

手続きに必要なもの

  1. 印鑑
  2. 官公署発行の顔写真入りの身分証明書(運転免許証・パスポート等)
    上記の身分証明書をお持ちでない方は、健康保険証、年金証書、年金手帳、本人名義の預金通帳等のうち2点以上
  3. 顔写真(Bバージョンを希望される方のみ)
  4. 手数料500円

※ 官公署発行の顔写真入りの身分証明書をお持ちでない方は、申請を出していただいてから、ご本人宛に照会文書を簡易書留郵便で郵送し、本人確認をさせていた だきます。後日、照会文書を窓口までお持ちいただくようになります。代理人による申請の場合も同様です。ただし、カードの受取は必ず本人もしくは法定代理 人になります。

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

市民部 市民課
TEL:0883-22-2210
FAX:0883-22-2245