市章

吉野川市木造住宅耐震診断事業について

公開日 2017年04月03日

 

 

 

木造住宅耐震診断事業

 

 

  吉野川市では、今後高い確率で発生が予測されている南海トラフ巨大地震の対策として、木造住宅の専門家による耐震診断を実施します。

 木造住宅の耐震性については、阪神・淡路大震災、東日本大震災の被害例のとおり、古い木造住宅に大きな被害が発生するといわれています。

 ぜひ一度あなたもお家の耐震診断を受けてみませんか。

 

 

1.対象住宅となる木造住宅

  吉野川市内の次の要件を満たす木造住宅が対象となります。

  ・ 平成12年5月31日以前に着工された住宅

  ・ 在来軸組構法、伝統構法、または枠組壁工法により建築された住宅(木質プレハブ工法は除きます)

  ・ 地上3階建てまでの住宅(併用住宅、共同住宅・長屋、借家も含みます)

  ・ 現在、居住している住宅

 

 

2.申込者

  ・ 対象となる住宅の所有者

  ・ 借家の場合は居住者の同意必要(指定様式有り)

  ・ 市税の滞納がない者

 

 

3.申込受付期間及び募集戸数

  ・ 平成30年4月1日~平成31年2月中旬頃

  ・ 募集戸数 150戸(予算の範囲内で増減があります)

  ・ 受付は先着順とし、募集戸数を満たした時点で終了

 

 

4.自己負担金

 

       無料 

 

 

5.耐震診断を行う診断員

  ・ 徳島県に木造住宅耐震診断員の登録をした者

  ・ (社)徳島県建築士事務所協会から派遣される建築士

  ・ 徳島県木造住宅耐震診断員の登録証〔県知事印有〕を携帯

 

 

6.耐震診断結果

  ・ 診断日に結果は分かりません。後日、報告書を作成します。また、慎重を期して、第三者が再度書類審査します

  ・ 数週間から2ヶ月程度後、耐震診断員が直接説明にお伺いします

 

 

7.その他

  改訂版徳島県木造住宅耐震診断・耐震改修マニュアルに基づいて診断を行います

 

○申込方法

 耐震診断を希望される方は、吉野川市役所建築営繕室へ申込書を提出してください。書類等の審査や対象住宅となるかどうかの確認をいたします。

 なお、事前にお電話をいただければ「事前相談」も実施していますので、ご利用ください。その際に対象となるかどうかを確認します。住宅の建築年度や構造などを調べておいてください。

 申込書類は、吉野川市役所建築営繕室に備え付けてあります。

 

 

○必要書類

 ・ 診断申込書

 ・ 外観写真(2面 サービス版程度)

 ・ 住宅の位置を示す地図(住宅地図等のコピー)

 ・ 建築時期のわかる書類(建築確認通知書、建築物の登記簿、固定資産家屋課税明細書など)

  用意できない場合は、窓口にて固定資産税評価証明交付申請書を記入のうえ、添付してください

 

 

○耐震診断の流れ

  診断申込書、その他必要書類を提出してください。

            ↓

  診断対象住宅には、選定結果通知書を送付します。

            ↓

  日時打合せの上、耐震診断員が調査に訪れます。

            ↓

  診断後報告書を作成し、第三者が再度チェックします。

  しばらく、お待ちください。

            ↓

  診断員が診断結果を説明に再度訪問します。

  結果により、改修等も検討してください。

 

 

2017年4月より補強計画のメニューも始まりました!

http://www.city.yoshinogawa.lg.jp/docs/2017101700041/

 

診断のあとは耐震改修もいかがでしょうか?

http://www.city.yoshinogawa.lg.jp/docs/2017062600039/

 

関連ワード

お問い合わせ

建築営繕室
TEL:0883-22-2224
FAX:0883-22-2246